RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
地方創生
photo.jpg

photo.jpg

地方創生はバイオタウンから、ということか。

街をなんとかするより、山をバイオマスタウン化するほうが話が早いのかもしれないなあ。
 
author:中谷好行, category:雑感, 22:13
comments(0), -
生落語
photo.jpg

何年振りかで生の落語を聞きに行った。

毎晩寝る前に、枝雀さんの落語を聞いているのだが、たいてい話のマクラの部分で寝入ってしまう。

大体、枝雀さんのマクラが長いのだ。

桂米朝さんが亡くなったからというわけではないだろうが、息子の米團冶(小米朝)さんが最初に登場。

やはり親父に似ているものだ。

なかなか親父の域には到達しないだろうが、今後が楽しみである。

枝雀が亡くなってからの筆頭は、ざこばさん。

怒りと涙のざこばさんも、歳を経るごとに味が出てきたように思った。

トリは桂南光さん、枝雀さんの一番弟子だ。

独特の甲高い声が落語向きだ。

師匠米朝の風格ある落語を継承していて欲しいものである。
author:中谷好行, category:雑感, 19:13
comments(0), -
長蛇の列
photo.jpg

はなはるフェスタ初日。

好天に恵まれ、最高の人出となった。

午前中の阿波踊り公演も、無事ではなかったが終え(~_~;)ラーメン食べてから帰ろうとしたらこれだ。

恒例のラーメン博覧会、超がつく人気である。

それも日頃食べられない、県外の名店のブースは1時間待ちだというではないか。

地元のとくしまラーメンも人気店は列をなしている。

仕方なく一番空いてそうなところにした。

たかがラーメン(失礼)、されどラーメンだ。
author:中谷好行, category:雑感, 16:25
comments(0), -
さすが中国
photo.jpg

1個買うと1個おまけ。

中国の販売常套手段だ。

それがマンションにもおよんできたという話。

「さすが中国」である。

初めて中国に行ったときに、旅行バッグを1個1000円でどうかと言ってきた。

いらない、と言うと2個で1000円ではどうだと言う。

それでもいらないと言うと3個では、5個では、、、となり、あげくのはてには10個で1000円だと言う。

とうとう根負けした友人が1000円で2個買ったことを思い出した。

いくらなんでも大きなバッグを10個も持って歩けないからなあ、とその友人。

マンションなら1軒買って、もう1軒は他人に貸し出せば良いか、、、(~_~;)


 
author:中谷好行, category:雑感, 15:02
comments(0), -
バレンタインチョコ
photo.jpg

まだ食べずにとってある、バレンタインチョコだ。

今年は、ちびっこ踊りのみーちゃん(小2)から頂いた。

恥ずかしそうに、これ と言って持ってきた。

毎年決まった方からチョコを頂くのだが、今回は特別に嬉しい想いだ。

私にはまだ孫がいないので、自分の孫からもらったような嬉しさだ。

もう少し食べずに取っておこうかと考えている(^.^)
 
author:中谷好行, category:雑感, 15:22
comments(0), -
テレマティクス
photo.jpg

「テレマティクス」という用語をひとつ覚えた。

テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)の造語らしい。

一例として、アメリカで自動車の損害保険に使用されているらしい。

自動車に通信システムを搭載しておいて、その運転情報をデータとして損保会社に送るのだ。

横断歩道の手前では、早めに減速し安全運転をしているとか、車間距離を十分とって適正速度で運転しているとか
の情報を分析して、自動車保険に適用させ、保険料を安くすることで、運転者の意識を高めることが出来るのだ。

安全運転をすることで、保険料も安くなるというものだ。

自動車とコンピューターが一体化することで、想像もつかないようなことが現実化しそうである。
 
author:中谷好行, category:雑感, 10:28
comments(0), -
期日前投票
photo.jpg

14日の選挙日は前から計画していた一泊旅行に行くため、期日前投票に行った。

受付で、なぜ14日の投票日に来れないのか、その理由を書けと言われた。

実は前から旅行を予定していたのですみません、、、

言おうとして気が付いた。

勝手に衆議院解散したのは、安倍首相ではないか。

なんでこちらが謝らんといかんのか。

これっておかしくない?

投票を棄権せずに所定の場所までやってきたのに、来れない理由を示せというのは変だ。

気が弱いので、思ったこともよお言わんと投票してきましたけど、、、、(~_~;)
author:中谷好行, category:雑感, 19:46
comments(0), -
古代エジプト展
photo.jpg

ふと思い立って、神戸市博物館で開催されている、古代エジプト展を観に行った。

東京では、国宝展を見たし、この間は 四国へんろ展を観に行ったばかりだ。

展覧会づいている。

今回のエジプト展のテーマは、女王と女神 というだけあって、女性像ばかり。

まず最初に、ハトシェプスト女王の 頭部の像を目に飛び込んできた。

紀元前1479年ころのものだとすると、その保存状態が素晴らしい。

今から約3500年も前の話だ。

そんなに前の遺物が目の前にあるというのが、信じられないくらいだ。

神戸まで出かけて行った甲斐があった。

ハトシェプスト女王、古代エジプトにおいて最も重要な女性ファラオとして名前を憶えておこう(^.^)



 
author:中谷好行, category:雑感, 16:08
comments(0), -
なんと読むんだろう
健育、彪馬、鳳斗、天、東真、真生、陸、紗葵、耕誠、輝、楓硫、未恭、魁誠、、、、
、、、
、、、
いずれも小学生の名前だ。
なんと読むのか、分からないものを書き出してみた。
40人ほどいるうち、一人として同じ名前の子供がいないのが、ある意味見事である。
男の子と女の子の区別がつかない。
漢字も難しいものをことさらに選んでいるようだ。
そんな中で、「正義」という子供を見つけてほっとした。
名前は時代を反映するとはよく言われることだが、なぜにこうした難しい当て字を選ぶのだろうか。
私の自身子供には、試験の時に人より少しでも早く問題に臨めるようにと、画数の少ない名前にしたものだ(~_~;)






 
author:中谷好行, category:雑感, 17:53
comments(0), -
健さんが亡くなった
photo.jpg

映画俳優の高倉健さんが亡くなった。

というより、1週間前に亡くなっていたらしい。

日本映画を代表する大物スターとしては、少し寂しい。

もっとも、映画の役柄とおり、無口で控えめで自己犠牲的な彼の姿からはそれもあったかなとも思う。

自ら、「映画俳優の」高倉健です。と名乗っていたというからそれだけ映画を愛していたのだろう。

大学でてすぐに、生きるために映画俳優の道を選んだのに、最初はお前は俳優にはむかないから帰れ、

と言われ続けたと自ら語っていた。

それでも、生活するためにこの職業を選んだからとその道に邁進したからこそ、文化勲章も受賞することに

なったのだろう。

205本の映画作品に出演したが、そのほとんどが前科者の役でしたと受賞の弁があった。

一生懸命やってきたから、誰かがそれを認めてくれたのでしょう、とも語っていた。

いかにも彼らしい。

最後の作品となった、「あなたへ」の一場面がいまだに心に残っている。

また一人、大きな存在感のある人がいなくなってしまった。
 
author:中谷好行, category:雑感, 17:27
comments(0), -