RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
お葬式が続く
photo.jpg

親戚の女性2人のお葬式が続いた。

71歳と90歳。

お悔やみ申し上げます。

ただ一言、文句がある。

90歳の方の、お葬式について、その前夜、和歌山の親戚の人が、葬祭場に電話して場所を確認しようとしたら

「知りません」と言われたとのことだった。

喪主からの連絡だったので、間違えるはずはないのだが、と私のほうまで確認の電話があった。

私もお通夜からの帰りだったので、当の会場に電話をすると、受付の女性は「分かりません」と

いうではないか。

そんなことはない、たった今そこから出てきたばかりなのに、と言うと、個人情報なので、、、むにゃむにゃ、、

そんな応対の仕方があるものか、と思わず引きかえして、当の受付嬢に会いにいった。

申し訳ございませんと、お詫びの言葉はあったものの、何かすっきりしない想いだった。

たぶん応対マニュアルがあるのだろうが、その時々に応じて返答することが大切なのだと思うのだ。

 
author:中谷好行, category:雑感, 16:28
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:28
-, -
Comment